講師紹介と講座内容

講座のお申し込書ダウンロードはこちらから PDF Word>>


講師名:野口 孝子(のぐち たかこ)
講座名:「小右記」講読(入門)
     ―平安貴族の日常に触れてみよう―
    ☆受付終了しました。

◆講師自己紹介
 早稲田大学卒。鹿児島大学大学院修了。同志社女子大学嘱託講師。
 平安時代の邸宅の伝領などを研究テーマにしていましたが、最近平安貴族社会の行動時間に関心を持つようになりました。とくに平安中期から夜化が固定し、『小右記』が書かれた10〜11世紀は、年中行事やライフサイクルにおける儀礼の多くが夜に行われています。すでに「『夜』化の時代」(『古代文化』59巻1号)を発表しましたが、より深い内容を知るためには、貴族の日記を丁寧に読むこと以外にはないと日々実感しているところです。
 旅に出ることが大好きです。特に平安時代に関わりのあるところを廻っていますが、講読会の参加者の方々と「平安の県庁所在地(国府)を歩こう」と題して、年に数回、修学旅行のようなこともして大いに楽しんでいます。

◆講座の内容紹介・受講される皆様へ
 『小右記』は、藤原実資によって記された日記です。実資は藤原道長より約10歳年長、有職故実に精通しているため、道長でさえおろそかには扱えない人物です。日記はおよそ50年分が書写で残されており、1000年前後の政治・社会・習俗ならびに人物を知るための重要な記録です。つまり平安時代を学ぶためには欠かすことのできない一級の史料ということができましょう。しかしながら大変難しい。
 本講座では、記された内容はもちろんですが、原文である和製漢文の基本的な読み方にポイントを置き、少しでもその時代の社会にアプローチし、諸講座や諸本で学んだ内容とはまた一味違った、原文のもつ臨場感溢れる魅力を楽しんでいただきたいと思います。
 これまで諸講座などで平安時代を学んでいたが、ちょっと方向を変えて、少しじっくり取り組みたい、自ら歴史の一コマに参入してみたいという人なら、どなたでも参加できます。



◆毎月1回 第2水曜日 10:30〜12:00
 ※12月は休講月です。

第1回 10月11日(水)
内容:前期に引き続き、中関白家の凋落(長徳の変)を読みます。史料は当方で準備しますが、古語辞典あるいは漢和辞典があると便利です。

第2回 11月8日(水)
内容:承前

第3回 1月10日(水)
内容:承前

第4回 2月14日(水)
内容:承前

第5回 3月14日(水)
内容:歴史散策。平安京の名邸めぐり―実資の小野宮第・枇杷殿・高倉殿・鷹司殿・土御門殿など。

<<前ページへ戻る このページのトップへ△