講師紹介と講座内容

講座のお申し込書ダウンロードはこちらから PDF Word>>


講師名:小山 雅人(こやま まさと)
講座名:古代エジプトのパピルスを読む
     ―ヒエログリフ入門―

◆講師自己紹介
・1950年京都府綾部市生まれ。
・高校生の頃から、言語ではなく文字マニア(昔はオタクという語はなかった)で、ランス語・ロシア語・アラビア語の文字の勉強と源氏物語が趣味。
・1970年にフランス語の習得のため、パリへ留学。翌年帰国後、通訳の仕事。
・1972年にエジプト・ヒエログリフの勉強を始め、74 年渡仏。
・1976年にパリ・カトリック学院古代東洋語学校ヒエログリフ・エジプト語学科卒業、帰国。
・その後現在に至るまで、研究テーマは古代エジプト文学(特に中王国)。
・1981年、京都府埋蔵文化財調査研究センターで、発掘調査・出土品管理・普及啓発に従事。
・2013年退職。
・現在の趣味は、陶磁器などの骨董、日本語の起源・勾玉・藤原南家などの研究。

◆講座の内容紹介・受講される皆様へ
 今年は、ヒエログリフの読み方の基礎と、やさしいテキストの講読を予定しています。
 一つ、ヒエログリフの読み方は、世界中で最もヒエログリフに似た文字体系(漢字かな混じり)を使っているのは、日本人です。この利点を生かして、ヒエログリフを読めるようになりましょう。
 二つ、文法は反対に日本語から遠くかけ離れた感じです。しかし、規則性も相当あり、一つ一つ覚えていけばそう難しくはありません。語順も日本語と全く違いますが、厳密なルールがあり、慣れて行けば、読解の鍵になってくれます。
 三つ、とにかく実際のテキストの原文に多く当たることです。パピルスに書かれた文字は象形文字をくずした筆記体です。葦の筆で書くのでなんとなく毛筆のひらかなに似ています。しかし教室で実際に読むのは、学者が筆記体を象形文字(ヒエログリフ)に書き換えたテキストです。物語や、教訓、詩歌などを勉強し、文法的知識と語彙を増やしていきましょう。
 外国語を学ぶことは何語でも大変です。そう思えば、4千年も前の冒険物語や恋する乙女の心の歌を自分で読めることが、奇跡に感じられるでしょう。



◆毎月1回 第4土曜日 13:00〜14:30
 ※8月は休講月です。  

第1回 4月22日(土)
内容:古代エジプト文字(ヒエログリフ)のしくみ(1)
   有名人の名前を読んでみよう

第2回 5月27日(土)
内容:古代エジプト文字(ヒエログリフ)のしくみ(2)
   神様の名前も覚えよう

第3回 6月24日(土)
内容:四つの文型と語順(1)
   恋の歌を読んでみよう

第4回 7月22日(土)
内容:四つの文型と語順(2)
   「難破船員の物語」から

第5回 9月23日(土・祝)
内容:易しい物語をよんでみよう
   スネフルゥ王とわがまま侍女

<<前ページへ戻る このページのトップへ△