●古代学協会からのお知らせ●
講演会・シンポジウム

談話会 もどる

 協会主催の講演会は毎年秋、開催の予定です。そのほかにも不定期で開催することがございますので、お知らせなどをご覧ください。古代学協会の研究成果を反映し、洋の東西を問わず、幅広い内容となっています。日程など詳しくはそれぞれをご覧ください。


▽講演会のご案内

—最新情報—

◆古代学協会公開講演会

 マヤ文明の神秘のベールをはぐ 石器の都市文明の実像に迫る

(案内チラシはこちらをご覧下さい)

・青山和夫先生(茨城大学人文学部教授)
・2013年10月5日(土)13:00〜15:00
・佛教大学四条センター(京都市下京区四条烏丸北東角京都三井ビルディング4階)
・申込み不要。一般1000円。協会正会員は無料。資料代300円。
・講演に先立って第3回「角田文衞古代学奨励賞」授賞式を行います。

(過去開催された講演会)

◆(財)古代學協會共同研究還元事業

 列島稲作開始期の担い手は誰か

(案内チラシはこちらをご覧下さい)

・日時:平成25年2月16日(土) 13:30〜18:00(13:00開場)
・会場:アクロス福岡7F・大会議室 (福岡市中央区天神1-1-1)
☆聴講無料・申し込み不要
【発 表】 
・田中良之(九州大学大学院教授)
「いわゆる渡来説の今」
・「眞晟(釜山大学校准教授)
「韓半島南部における初期農耕文化の動態」
・端野晋平(岡山大学助教)
「渡来文化の形成とその背景」
・三阪一徳(九州大学大学院)
「土器からみた弥生時代開始過程」
・下條信行(愛媛大学名誉教授)
「生産具(石斧)からみた稲作開始期の農耕荷担者」
【シンポジウム】  
司会 溝口孝司(九州大学大学院教授)

主催:(財)古代學協會
後援:日本考古学協会/九州考古学会/福岡市教育委員会

◆人類の遠い過去の物語 ラスコー洞窟壁画の世界

(案内チラシはこちらをご覧下さい)

・五十嵐ジャンヌ先生
・2012年10月8日(月・祝)13:00〜15:00
・佛教大学四条センター
・講演に先立って第2回「角田文衞古代学奨励賞」授賞式開催。


▽シンポジウムのご案内

(過去開催されたシンポジウム)↓

ポンペイとオスティア,古代ローマ都市発掘の最前線

このページのトップへ△