公益財団法人古代学協会

Facebook

お問い合わせ

講師紹介と講座内容

講座名:「日本考古学」の論点を知り尽くす

講師名:森岡 秀人(古代学協会客員研究員)

※新規内容

◆講師自己紹介

森岡 秀人(もりおか ひでと)
1952年神戸市生まれ。現地・現物主義で遺跡・遺物の観察眼を研ぎ澄まし、日本考古学を50年以上専攻。中学校・高等学校と歴史クラブ活動に専念、関西大学文学部史学科考古学研究室時代には、末永雅雄・横田健一・網干善教・薗田香融の諸先生に師事。学生時代には、高松塚古墳、島の庄遺跡、川原寺裏山遺跡、尼塚古墳群、外山谷1号墳、吉志部古墳、千里古窯跡群、乳の岡古墳、定の山古墳、加茂遺跡、中曽司遺跡、垂水遺跡、会下山遺跡、朝日ヶ丘遺跡、八十塚古墳群、城山古墳群、具足塚古墳、金津山古墳、打出小槌古墳などを発掘しました。
芦屋市教育委員会・芦屋市立美術博物館〔兼務〕で文化財保護、遺跡調査、展示学芸、社会教育の仕事に43年間従事。2017年、65歳完全退職。古代学研究会代表、古墳出現期土器研究会会長、(公財)古代学協会客員研究員、考古学研究会全国委員、国立歴史民俗博物館共同研究員、辰馬考古資料館資料調査委員、赤穂市・彦根市・守山市・淡路市・南あわじ市委員。奈良県立橿原考古学研究所共同研究員、大手前大学史学研究所共同研究員など。70歳までに大阪大学・関西大学・神戸大学・滋賀県立大学・立命館大学・梅花女子大学・甲南大学ほかで非常勤講師を務める。
研究や関心を示すテーマは広く、陵墓古墳、縄文・弥生時代の移行期研究、弥生土器・弥生集落・水田跡の研究、青銅器の研究、古墳出現期の研究、古式土師器の研究、群集墳や地方寺院の研究、考古学と日本古代史との関わり、中世・近世の石切場・石垣の全国的研究も行っています。
共著書や論文は多数あり、『日本史講座』1(東京大学出版会)、『稲作伝来』(岩波書店)、『列島の考古学』弥生時代(河出書房新社)、『講座日本考古学』弥生時代(青木書店)、『弥生土器の様式と編年』近畿編Ⅰ・Ⅱ(木耳社)、『古式土師器の年代学』(大阪府文化財センター)、『初期農耕活動と近畿の弥生社会』(雄山閣)、『季刊考古学』127号・157号編集等。
趣味は囲碁、雲の観察、里山歩き、美術鑑賞、読書ほか。

 

◆講座の内容紹介・受講される皆様へ

考古学の面白さは、最新の発掘調査や観察研究で考え方などが日々進化することです。今期の講座では、講師の近年の遺跡踏査や内部調査、遺構・遺物の形態研究・年代研究から、このように考えるべきではないかといった解き明かしから、日本考古学の多くの論点を学びます。これらを基礎にして、自分自身で考古資料に接するノウハウの形成と向上を目指します。初心者大歓迎です。

 




◆講座スケジュール

月1回 水曜日 13:00~14:30  ※12月は休講月です。

第1回 10月26日(水)
内容: 倭人伝考古から見た「末慮国」のカメ棺・銅鏡

第2回 11月30日(水)  ※講座日注意
内容: 叡福寺北古墳は聖徳太子墓なのか

第3回 2023年1月25日(水)
内容: 日本最古?淡路・隆泉寺銅鐸のもつ謎

第4回 2月22日(水)
内容: 畿内第Ⅴ様式の弥生土器と邪馬台国前史

第5回 3月22日(水)
内容:列島北限地域の高地性集落の役割とは